ギャンブル依存症ブログ

依存症からの脱却

僕が出会った、パチスロでの理論的な正攻略から2年。
僕の借金はとうとうゼロになった。

 

始めは半信半疑だったが、今までの『何となく勝ちたいから打つ』という意識よりは、『パチスロの解析値を元に理論的に立ち回りながらへの勝ちへの執着心』が生まれた。

 

これは何が違うかというと、パチスロやパチンコというものは要は機械である事を十分に認識するという事に尽きると思う。

 

機械だから当然、毎回のようにまぐれ勝ちが存在する訳ではない。
依存症だった頃の僕は、そんな事を知る訳でもなかった。

 

 

でも実際は機械なのだ。

 

プログラムで動かされて、最終的にはプログラム通りに動く。

 

1日単位でみればハマリもあれば大連チャンもある。

 

でも最終的に統計をとってみれば、結局機械の出した数値通りなのだ。

 

その数値をいかに理論的に考え、シビアに勝てる立ち回りをするかしないかで勝者が決まる。

 

よく、「いつもあの人は勝っている」とか「何故勝っているのに辞めてしまうのだろうか?」

 

そう思った事が何度もあった。

 

それは、その人なりの理論があっての事だろう。
今の僕にはそれが良く判るようになっていた。

 

2年間で借金をゼロに戻し、そこからは完全に辞めてしまう方法もあった。

 

というよりも、理論的に考えて勝つという事は、そんなに面白くないのだ。

 

たまたま当たった時の快感と比べると、面白さが全然違う。

 

まるで勝つまでの方程式が何通りか組まれていて、それにそって勝てたり負けたりする。
当然、負ける事もあるが、それでもその方程式は、数ヶ月単位で考えれば確実に勝てる方程式なのだ。

 

だから面白みには欠けた。

 

結局蓄えも欲しいと考え、その理論的に立ち回るという方法を試した結果、貯金は100万、200万と増え続けた。

 

今では『設定6を探し出す楽しさを味わう』為に、僕にとってパチスロとはかけがえのないものになった。

 

でもそれは、無駄にお金を費やすのではなく、自分の範囲をわきまえて遊ぶという楽しさに変わったのだ。

今僕は、パチスロ依存症を完全に脱却したと胸を張って言えます。
でも、僕の場合はマレなケースで、転機が無ければ本当にいつかの僕のようにただのめり込んでいる人の方が多いと思います。

 

どうしても辞められない人。
自分の周りに僕と似たような人が居る方。

 

そういった方は、まず病院へカウンセリングを受けに行ってください。

 

もしくは、コンビニなどで立ち回り雑誌などを500円程度で購入して、端から端まで全て目を通してみてください。
自分が知らなかった世界が見えると思います。

スポンサーリンク