ギャンブル依存症

ギャンブルの構成と勝ち方を知る

負け続きで、借金も一向に減らない…

 

会社の給料が入っても、月の半ばには底をついてしまう。

 

それでも、自分には彼女が居たので、何とか彼女とのデート代を考えたりして精一杯の見栄を張る。
それを続けるうちに、もう彼女とも別れてそのデート代も全てパチスロに費やしてしまいたかった。

 

何度も彼女に別れを切り出そうとしたが、本音もいう事が出来ず、この生活に疲れ果てていた日の事だった。

 

ついに依存症を脱却する転機が訪れたのだ。

 

きっかけは、会社のパチスロ好きな先輩が、「キングパルサー」で大勝ちし続けているという噂を聞いたのだ。

 

興味を持った僕は、その先輩にパチスロの事をあれこれと質問してみると、何と僕が今まで知りもしなかったカラクリが見えてきた。

 

時はストック機に突入していて、パチスロのストック機は、ストックさえある台を狙えば勝てるというものだった。

 

もちろんそれを聞いた時は、全身が痺れた…と同時に何も知らなかった自分を心底馬鹿だと思った。

 

パチスロというのは、出そうな台で勝負すれば良いと考えていた自分は、特に台を選ぶ明確な基準など考えてもみなかった。

 

しかし、本当に勝っている人は、その台の特性や解析を勉強し頭に叩き込んだ上で、その勝てる基準の台を選んで打つという確かな理由が存在したからだった。

 

まず、パチスロは6段階で設定が定められていて、その設定により、ボーナスの当たる確率が違うのだと教えてもらった。
更には、天井と呼ばれる救済ゲーム数もあり、そのゲーム数を狙うのも有効だというのだ。

 

自分はいつも台など勘で選び座っていたものの、頭上にあるデータ機器を見る事で、ありとあらゆる台の状況が、少なくとも「ただ選ぶ」という選択肢よりも、グッと勝ちに近い選び方が出来るのだと知った。

 

その日、僕はパチスロの解析雑誌を始めて購入し、全ての台に関する知識や数値を頭に叩き込んだ。

 

そして数日間勉強した知識を実践するために、キングパルサという台を探し、トータルゲーム数とボーナス数の数値を計算で割り出した上で、ストックがありそうな台、またはストックが放出されやすいゲーム数を選んでゲームに臨んでいた。

 

すると驚く勢いで、出玉は加速していく。

 

出し切ったら、今までズルズルと根拠も無く粘っていたが、解析にはストックがなくなり次第換金と指南してあったので、本当はまだ打ちたかったけれど、まずは従おうと出玉をしぶしぶと換金した。

 

結局、その後を観察していても、僕が出した台の後者は思いっきりハマリを喰らい、当然マイナスになっていたので、やはりこれは真実の方法なのかも知れないと鳥肌が立った。

 

その日仕事の終わりのパチンコ屋でこの方法何度か試し、投資を差し引いても5万はプラスになったのを良く覚えている。

 

嬉しさの余り、手にした5万円を握り締めながら涙が出た。

 

それは僕が、初めてギャンブルというものを理論的に考えた瞬間だったと思う。
同時に、あのなりふり構わず打っていた自分に、やっと決別出来そうな…そんな予感を感じていた。

スポンサーリンク